CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
参加ブログランキング

 人気ブログランキング ペット(犬) 

 にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

 山口ブログ

ちょこ家御用達

 ペットの手作り食


<< どうゆうことやっね〜んっ!(by髭男爵) | main | ホタルの夕べ? >>
さよならアルルカン。


ちょこ母が乙女だった頃。
コバルトシリーズという少女むけのライトノベルがありました。

ちょこ母のハートをがっちりつかんだのは氷室冴子さん。

『クララ白書』 『アグネス白書』で、しーの達と一緒になって学園生活を楽しみ、
『雑居時代』で、倉橋数子さんの性格のギャップに笑い転げ、
『ざ・ちぇんじ!』 『なんて素敵にジャパネスク』で時代物の面白さを知り、
瑠璃姫と一緒になって恋にドキドキし。
『シンデレラ迷宮』 『シンデレラミステリー』で、その切なさに号泣し。

『冴子の東京物語』 では大笑いしながら、しみじみしました。

そのほかの沢山の作品と共に。

青春の日々をありがとうございました。

氷室冴子さんのご冥福を心よりお祈りします。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ ランキングバナー 

| いろいろ | 07:33 | comments(7) | trackbacks(0) |
コメント
| りい | 2008/06/07 9:52 AM |
この訃報を知らなくて、びっくりしました。
51歳だったんですね。まだお若かったのに・・。
私も、「なんて素敵にジャパネスク」好きでした。中学生くらいだったと思いますが、授業中に机の下に隠して授業も聞かずに読んでいました。
ご冥福をお祈りします。
| えみ | 2008/06/07 10:23 AM |
私も昨夜訃報を知り、ショックを受けました。
漫画ばっかり読んでいた私に小説の面白さを教えてくれたのが氷室冴子さんでした。
中学生の頃に「ジャパネスク」にはまり、歴史の勉強では平安時代が一番好きになりました。
今思い返すと、私の思春期は氷室さんの小説と共にあったように思います(初恋の相手が高彬でした)

もう氷室さんの新作が読めないと思うと本当に残念です。
心からご冥福をお祈りいたします。
| 翔ねーさん | 2008/06/07 11:56 AM |
えっ
お亡くなりになったんですか?
私も、読みふけった思い出があります。
ご冥福をお祈りします。
| ココママ | 2008/06/07 3:18 PM |
私も氷室さんの小説、大好きでした。
訃報を聞いて、もう一度読み返したくなりました。
クララ白書とかすごく懐かしいです。
小説の面白さを教えてくださった氷室さんに感謝して、
ご冥福をお祈りしてます。
| くくるママ | 2008/06/07 11:06 PM |
こんばんは〜♪
先程東京から帰ってきました!

『コバルトブックス』懐かしいです。
高校時代に良く読んでましたね(年がバレるって!)。
ジャパネスク、これは漫画で読んでます。
氷室さん、亡くなったんですか!?
51歳でしたか。
まだまだお若いのに・・・。
青春時代が一つ終わりましたね。
ご冥福をお祈りします。
| ちょこ母 | 2008/06/09 5:53 PM |
★りいさんへ≫
私も、偶然ヤフーニュースで知ったんですが、ビックリしました。
最近新作が発表されてないなぁと気にしていたとこだったので。
氷室さんの作品は女の子の一番不器用で切ない所を笑いで上手く包みながら見せてくれるので
とっても心に残るんですよね。
今でこそライトノベルは大人気ですが先駆け的存在だったと思います。
素晴らしい作家さんでした。
でも、先生っていうより、氷室さんってイメージなんですよ、私。


★えみさんへ≫
初恋の相手が高彬ですか〜。
私は菫の君派ですね。(笑)
氷室さんの作品は読みやすいのもあったけど、状況も無理がないし、心の動きも納得で来ちゃうんですよね〜。
女の子なら、こう思うわって。根っからの悪人も出てこないから、嫌なやつ〜って思ってっても最後は味方になっちゃって
読み終えた後気持ちよく本を閉じることが出来るんですよ。
新作、心待ちにしてたので非常に残念です。


★翔ねーさんへ≫
そうなんですよ。なんかどんな有名人が亡くなるよりも心に堪えました。
あの軽快で切なくって楽しい文章がもう、既刊の中でしかあえないなんて。
氷室さんの言葉の選び方、文章の書き方、ストーりー、キャラクター、全てが好きでした。
今、昔の本を引っ張り出して読み返してます。


★ココママさんへ≫
私は寄宿舎生活ではなかったけど、女子高だったので、
クララやアグネスはとにかく面白かったです。
女の子が集まった時特有の雰囲気や、無言のルールみたいなのも凄く共感できました。
氷室さんの文章がとってもピタッときて楽しかったです。
私も昔の本を読み返してます。


★くくるママさんへ≫
お帰りなさい〜。なんだかとっても楽しそうですね!
私も参加したかった・・・・!皆さんのお出掛け記事を楽しみにしてます。
そういえば、氷室さんの作品は漫画化、結構されてますよね。
クララ白書も、ざ・ちぇんじも、ジャパネスクも。
漫画になっても原作のイメージがいつも伝わってきて楽しく読めました。
新作が出てこないのはホントに残念ですが、昔の本を引っ張り出してもう一度味わってみようと思ってます。
| あくび | 2008/12/28 2:54 PM |
氷室冴子先生のさよならアルルカンでヒットしてココに来ました。私も大好きな本でした。さよならアルルカンからファンになり全て読みました。ちょこ母さんと同世代かな?
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://choko2.nyanko.sub.jp/trackback/745862
トラックバック